外国為替手数料

海外送金を行う場合、一定の外国為替手数料が必要になります。各金融会社のサービス内容を比較して利用先を決めましょう。外国為替手数料は、海外送金の金額が高ければそれに伴って高くなりますので、できるだけ手数料が安い金融機関を探すことです。



海外送金の手数料には変動する外貨両替サービスと一定のサービスがあります。手数料が一定でも外貨両替レートが1日固定されるタイプと変動するタイプがあります。朝10時から12時の間に1日の為替レートが決まり、その間はレートが変わらないのが一般的な郵便局や銀行です。



送金できる拠点がたくさんあることや、為替レートが円安になっても有利なレートで送金がで可能です。注意すべきことは、窓口に直接行かなければ手続きできないこと、外国為替の手数料自体が高いことがあります。



シティバンクや新生銀行は、実際の為替レートに合わせて流動的な為替レートでの外貨両替を行っています。普通銀行や郵便局と比較すると外国為替手数料が安く、実際に店舗窓口に行かずともネットや電話で送金の手配ができます。



デメリットは近くに金融機関がないことが多いこと、固定レート決定後の有利な両替チャンスがないことです。変動レート、外国為替手数料も変動するタイプもあります。この場合は外国為替手数料が安く設定されていることが多く、送金先の一時預かりサービスなどが存在します。



弱点は、現時点での外国為替手数料をいちいち確認しなければいけないこと、手数料が必要な場合もあることです。金融会社がそれぞれ行っている海外送金サービスや、外貨両替サービスの内容を比較することで、外国為替手数料をより安く利用できるでしょう。




 

サイトマップ